産業用電動油圧ポンプUP-223Hシリーズ

電源は三相 200V、2.2kW。
各種バルブ、アクセサリーを積層してさまざまな用途に対応可能です。
オプションにてキャスターの取り付けができます。
ポンプ本体には配管が無く極めてシンプルな構造です。
連続運転の場合は、油温上昇防止のためにオイルクーラーをご使用ください。
ポンプ部 Assy の販売もしておりますので、お問い合わせください。

共通仕様

型式 モーター(50/60Hz) ポンプ 油タンク
UP-223 絶縁種別
型式
電圧(V)
(相数)
定格出力kW(HP) 回転数(RPM) 最高使用圧力
(MPa)
吐出量
(ℓ/ min)
油量 有効
油量
高圧 低圧 高圧 低圧
E種全閉
外扇
200/
220
(三相)
2.2(3.0) 1,450/
1,700
70 7 1.45/
1.75
11/
13
24 17

※小型タンク仕様:全量 12ℓ、有効 6ℓもあります。


各型式の特性と機能説明

型 式 バルブ方式 機 能 操 作 装備部品 重量※1
単動シリンダ |用 UP-223HG-0 基本型 P.Tマニホールド付。バルブは付属していません。 なし φ60圧力計 67kg
UP-223HG-1 手動3方弁圧力保持型 手動3方弁により、単動シリンダーを作動させます。 手動弁
本体スイッチ
φ60圧力計 70kg
UP-223HG-4 電磁2方弁 電磁2方弁により単動シリンダーを作動させます。ペンダントスイッチの[ON]を押すとモーターが回転してシリンダーが前進、離すとモーターが停止して圧力保持、[OFF]を押すとシリンダーが戻ります。 電磁弁
手元スイッチ
φ60圧力計 70kg
UP-223HG-2 電磁2方弁 電磁2方弁により単動シリンダーを作動させます。ペンダントスイッチの[ON]を押すとモーターが回転してシリンダーが前進、離すとシリンダーが戻ります。尚、圧力保持はできません。 電磁弁
手元スイッチ
φ60圧力計 70kg
複動シリンダ |用 UP-223HG-7 手動弁圧力保持型 手動4方弁により複動シリンダーを作動させます。 手動弁
手元スイッチ
φ60圧力計 70kg
UP-223HG-8WP
UP-223HG-8SP
電磁弁圧力保持型 電磁弁により複動シリンダーを作動させます。積層型シングルパイロットにより、A ポートの圧力保持が可能です。 8WP の場合は A、Bポートの圧力保持が可能です。 電磁弁
手元スイッチ
φ60圧力計 73kg
UP-223HG-8A 電磁弁 電磁弁により複動シリンダーを作動させます。シリンダーは中間停止をしますが、圧力保持はできません。 電磁弁
手元スイッチ
φ60圧力計 71kg
UP-223HG-5
※2
電磁弁 電磁弁により複動シリンダーを作動させます。ペンダントスイッチの[ON]を押すとモーターが回転してシリンダーが前進、離すとモーターが停止、[OFF]を押すとモーターが回転してシリンダーが戻ります。尚、圧力保持はできません。 電磁弁
手元スイッチ
φ60圧力計 70kg

※1:オイルも含む

※2:このポンプの選定は、あらかじめご相談下さい。

各種装備品はこちら

ページのトップへ戻る