マイナンバー対応、汎用ハードディスク破壊機DB-25Ⅱ(NEW)

この製品(DB-25Ⅱnew)はノートパソコン、汎用ディスクトップパソコン、その他各種電子記録メディアを圧迫破壊(加圧変形)する経済的なハードディスク破壊機で、 汎用HDD他,D/DVD/ZIP/MO/FD/携帯電話の物理破壊が可能です。 経済的価格でご提供するため上位機種DB-50Proに搭載している複動方式とことなり、単動方式の油圧モーションユニット(戻りバネ)を搭載しています。
 (15000rpm等のサーバー用HDDには対応しません。)
 ※全てのHDDに対応する製品はプロフェッショナルハードディスク破壊機(DB-50Pro)になります。

CrushBox DB-25Ⅱ 仕様

対象メディア HDD,CD/DVD/ZIP,MO,FD 携帯電話等
破壊方式 圧迫破壊( 1~4点加圧変形破壊)
電源電圧 100-120 AC 50/60Hz /
220-240 VAC 50/60Hz(※輸出機専用)
安心・安全 各種安全インターロック機構を搭載
寸法 185x320x388mm
重量 23Kg
圧力 2.5~3.0 トン
マイナンバー制度でのデータ消去の概要
データの消去証明が必要です!

個人番号もしくは特定個人情報ファイルを消去、電子媒体など を廃棄する場合は、消去または廃棄した記録を保存することが 必要です。 これらの作業を委託する場合には、委託先が確実に消去また は廃棄したことを証明書などで確認するよう求めています。
(Crush Box用 破壊証明書発行トレースアドオンCDソフト DB-AOS2)※オプション

データ消去の手段が定められています!

特定個人情報などが記録された書類や機器、電子媒体などを廃棄 する場合、復元不可能な手段を採用して、専用のデータ消去ソフト ウェアの利用、物理的な破壊などを求めています。中小企業にも、 特定個人情報等を消去・廃棄したことを確認するよう求めています。

ページのトップへ戻る